「SmartCloud ストレージ」の概要

「SmartCloud ストレージ」は、キャリアグレードの耐災性と高セキュリティーを備える国内データセンターで提供するクラウド型ストレージサービスです。お客様のご利用状況に応じたストレージの増減が可能です。スナップショットや遠隔地バックアップを組み合わせることで、お客様の大切なデータをより確実に保管することができます。

また、ファイルサーバーやシステムの共用ディスク等として利用することにより、事業継続性の向上が可能となります。

「SmartCloud ストレージ」はこの様な方々におすすめです!

index_arrow_05.png データ保管にかかる多大なシステムコストを削減したい方
index_arrow_05.png 万一の災害・停電時にもデータをしっかり守りたい方
index_arrow_05.png ストレージの更改や増設に関わる手間から解放されたい方

BCP対策として有効な
バックアップ機能

スナップショットと遠隔地バックアップを組み合わせることで、大規模災害や事故からお客様の大切なデータをより確実に守ります。
 

> 詳しく見る

柔軟なストレージ・
リソースの割りあて

ストレージ内に複数のボリュームの保持が可能です。複数部署でストレージを共用する等、お客様のご利用用途に応じて1ボリュームあたりの容量を柔軟に設定することができます。

> 詳しく見る

見える、使える
ダッシュボード機能

専用Webポータルから、ストレージの契約情報、パフォーマンス情報(ディスク使用率/稼働率)、月次レポート(故障発生状況、サービス提供状況等)を確認することができます。

> 詳しく見る

キャリアグレード
耐災性と高セキュリティーを
備えた国内データセンター

システムの継続運用を脅かす大規模災害や事故に対しても、優れた耐震・耐火構造や冗長構成、段階的に設置されたセキュリティーシステムを備えた当社の国内データセンターにてデータを保管し万一の事態に備えています。
 

> 詳しく見る

運用のスペシャリスト
による24時間365日
の運用監視

NTTグループの通信インフラや基幹システムを支えてきた豊富な経験と実績をもとに、運用監視のプロフェッショナル「FSC24」が「SmartCloud ストレージ」をトータルにサポートします。
 

> 詳しく見る

導入効果

データ量の増減に応じて利用でき、データ保管にかかるコストを削減

ファイルサーバーやシステムのデータ保管など、必要なデータ量に応じて、ストレージを500GByteから柔軟に増減できます。 データの最大量にあわせて自社で個別に調達・構築する場合に比べて、初期コストを抑えることができ、データ保管にかかるコストを削減することができます。

index_im_02.jpg

災害・停電発生時のデータ損失のリスクを低減

定期的なスナップショット取得や東日本、西日本データセンター間で遠隔地バックアップをすることで、重要なデータをより確実に守ることができ、データ損失のリスクを低減することができます。

index_im_03.jpg

ストレージの調達・更改をアウトソースし、本来業務へ注力

ストレージ機器の容量追加・増設はすべておまかせ。ハードウェアの老朽化による機器更改や故障対応等の保守作業の心配も不要です。
お客様はシステム管理作業から開放され、本来の業務に注力することができます。

index_im_04.jpg

サービス・システム利用構成図

system_im_01.jpg

特長

BCP対策として有効なバックアップ機能

スナップショットと遠隔地バックアップを組み合わせることで、大規模災害や事故からお客様の大切なデータをより確実に守ります。

スナップショット

スナップショットの取得タイミングはボリューム毎に、週次/日次/時次*単位を組み合わせて最大10世代まで設定が可能です。誤ってデータを削除してしまった場合など、お客様自身でスナップショットからデータを復旧することができます。

* 時次単位ではスナップショットの取得時刻を指定

<例>スナップショットを利用したデータ復旧定

feature_im_01.jpg

遠隔地バックアップ

遠隔地バックアップではお客様システムのロケーションに合わせ、東日本・西日本エリア間で400km離れた当社の国内データセンターでの保管が可能です。

feature_im_02.jpg

柔軟なストレージ・リソースの割りあて

ストレージ内に複数のボリュームの保持が可能です。複数部署でストレージを共用する等、お客様のご利用用途に応じて1ボリュームあたりの容量を柔軟に設定することができます。
さらに、ボリューム単位でスナップショット、遠隔地バックアップも設定することができます。

feature_im_03.jpg

見える、使えるダッシュボード機能

専用Webポータルから、ストレージの契約情報、パフォーマンス情報(ディスク使用率/稼働率)、月次レポート(故障発生状況、サービス提供状況等)を確認することができます。

feature_im_04.jpg

キャリアグレードの耐災性と高セキュリティーを備えた国内データセンター

システムの継続運用を脅かす大規模災害や事故に対しても、優れた耐震・耐火構造や冗長構成、段階的に設置されたセキュリティーシステムを備えた当社の国内データセンターにてデータを保管し万一の事態に備えています。

キャリアグレードの耐災性

feature_im_05.jpg

万全のセキュリティー

feature_im_06.jpg

運用のスペシャリストによる24時間365日の運用監視

NTTグループの通信インフラや基幹システムを支えてきた豊富な経験と実績をもとに、運用監視のプロフェッショナル「FSC24」が「SmartCloud ストレージ」をトータルにサポートします。

feature_im_07.jpg
FSC24(R)

機能

サービス仕様・機能

項目 サービス内容
スタンダード ベーシック
基本
サービス
利用プロトコル CIFS*1/NFS/iSCSI
ストレージ容量 500GByte*2
(基本容量。
500GByte単位で
拡張可能)
1000GByte*3
(基本容量。
500GByte単位で
拡張可能)
1ボリュームあたりのストレージ容量*3 10GByte単位で設定可能*4
オプション
サービス
バックアップ スナップショット*5 最大10世代
遠隔地バックアップ
(東日本エリア内または
東西日本エリア間)*6
1世代(日次)*7
*1 CIFSではActive Directoryとの連携、およびアクセスログの取得が可能です。
*2 冗長機能を搭載し、単一障害に対応。
*3 ボリューム:ストレージ上の論理的に分割されたデータ保存領域。
*4 1ボリュームあたり2,500GBを超える場合は、別途お問い合わせください。。
*5 スナップショットの保管領域は、契約容量内での提供となります。
*6 遠隔地バックアップをご利用になる場合、スナップショットのご利用が前提となります。
*7 バックアップからの復旧ポイントは最新のバックアップ取得時点となります。

利用イメージ

イントラネット向けファイルサーバーとして利用

お客様の課題

部署毎にファイルサーバーが分散しており、多大な運用コストがかかっている

index_im_voice_01.gif

分散しているファイルサーバーを集約したい

アクセス管理を一元化したい

セキュリティーを確保した上で、所有型から利用型にしたい

災害・停電時にも継続的に利用したい

提案事例

SmartCloud ストレージ
 -ストレージ(CIFS)+スナップショット+遠隔バックアップ(東日本、西日本エリア間)
SmartCloud 仮想サーバー
SmartCloud デスクトップ

効果

index_arrow_05.png ファイルサーバー集約により一元管理が可能
index_arrow_05.png システム管理や運用維持稼動の低減
index_arrow_05.png 閉域網接続によりセキュリティーの確保が実現
index_arrow_05.png 耐災性と高セキュリティーを備えた「SmartCloud ストレージ」により事業継続性が向上

case_im_01.jpg
case_im_02.jpg

Webサーバーの共用ディスクとして利用

お客様の課題

ユーザー数が急激に増加しており、用意するべきリソースの需要予測がつかない

index_im_voice_02.gif

ログやデータベース用のデータファイルを保管したい

利用量に応じた費用投資をしたい

オペレーションミスでデータを削除してしまった等の場合にデータを復元できるようにしたい

料金・ご利用までの流れ

ご利用までの流れ

step1

お問い合わせ

当社Webサイトのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
折り返し、当社担当者より連絡させていただきます。 

>  お問い合わせ

step2

ご要望確認

サービスの紹介およびお客様の利用目的などをお伺いさせていただきます。

step3

ご提案・お見積り

ご要望いただいた内容に基づき、最適なサービスの組み合わせをご提案させていただきます。

step4

お申し込み

ご導入が決定しましたら、SmartCloud利用規約に同意のうえ、「利用申込書」と「ヒアリングシート」をご提出いただきます。

step5

サービス開始

環境が整い次第、サービス提供を開始させていただきます。

料金

「SmartCloud ストレージ」の料金については、お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

特長関連

他事業者が提供するクラウドサービスとの違いは何か?
SIerとしての経験、キャリアグレードでグリーンなデータセンターとITIL®ベースのシステム運用を元に、エンタープライズ向けの柔軟かつ効率的なクラウドを実現している点です。
「SmartCloud ストレージ」はどのようなシステムに適しているのか?
社内OA基盤、開発環境、商用の業務システムまでさまざまなシステムの共用ディスク領域やファイルサーバーとして適用可能です。また、PaaS/SaaSサービスの基盤としてもご利用いただけます。

導入関連

システム設計や性能テスト、移行なども依頼することはできるのか?

導入企画からシステム全体の要件定義、設計、テスト、移行まで幅広くお手伝いいたします。

契約締結後、どの程度の期間で利用できるのか?

利用するコンポーネントによって異なりますが、標準的なリードタイムは5営業日となっております。

最低利用期間は?
最低利用期間は、1ヶ月です。

仕様関連

複数のボリューム*1を利用することはできるか?

はい。契約容量内において複数のボリュームをご利用いただけます。

容量の拡張は自動的に行われるのか

容量の拡張はお客様からのお申し込みにより対応いたします。

1ボリュームあたりの容量に上限はあるのか?

1ボリュームあたりの上限は2.5TB*2を標準としております。 1ボリュームで2.5TBを超える場合はご相談ください。

容量変更時にサービス停止は発生するのか?

いいえ。継続してサービスをご利用いただけます。

データを物理的に異なった場所にバックアップできるのか?

可能です。オプションサービスとして、別サイトへの遠隔バックアップ機能をご用意しています。

データが保管される場所はどこですか?

すべて日本国内です。

監視や保守作業などを代行してもらうことはできるのか?
MSPサービスにて提供いたします。詳しくはお問い合わせください。
既存システムとの連携は可能か?
プライベート接続により、お客様の既存システムと連携することができます。

*1 ボリューム:ストレージ上の論理的に分割されたデータ保存領域。
*2 1TB:1000GByte換算となります。

セキュリティー関連

ストレージアクセスにおけるセキュリティー対策は?
CIFSでご利用の場合は、お客様で利用されるActive Directoryと連携したユーザーアクセス制御が可能です。NFSでご利用の場合は、接続元IPアドレスによるアクセス制限になります。
利用者間のセキュリティー対策は?
お客様毎にVLANで仮想的に分離しています。

保守・サービス関連

ヘルプデスクの対応時間は?
障害受付は24時間365日で対応しております。障害対応は平日日勤帯を標準とさせていただいております。
使用状況のレポートはいただけるのか?
はい、提供いたします。別途、お客様の要求に対応可能ですので、詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ

パンフレットをみる

ダウンロード

この商品のお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

※ 製品およびサービスの内容は、予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※ 「SmartCloud(スマートクラウド)」、「SmartCloud」ロゴおよび「FSC24(エフエスシー24)」は、NTTコムウェア株式会社の登録商標です。
※ ITIL® は AXELOS Limited の登録商標です。
※ Active DirectoryはMicrosoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
※ その他、記載されている会社名、製品名などは、各社の商標または登録商標です。