お問い合わせ 資料ダウンロード

02_NTTcom_SC-deeptector_01-top.jpg

「Deeptector」の概要

「AIによる画像認識技術」でビジネス課題を解決する。

人間の「目」に頼り、監視・検閲、保全・点検、製品検査などさまざまな企業活動が行われています。
ビッグデータなど扱う情報の質・量が増加する一方、人手不足やスキル継承への課題が浮き彫りになってきています。
「Deeptector(ディープテクター)」は、人の「目」による判定・判別作業工程をもつさまざまな業種・業態において、AIによる自動化・省人化を可能にします。特に、特定対象物の監視・検閲、トンネルや建物などのインフラ劣化診断、製造業における外観検査などの分野で高い評価を得ています。

画像認識AI「Deeptector」―人の目に代わり 人の目を超えて― サムネイル

簡単にあなただけ
のAIを作れる!

現場の画像認識作業の観点は多種多様。簡単操作で日々繰り返し学習でき、現場の観点へチューニングしていくことができます。

index_img_merit_01.png

柔軟にシステムと
接続できる!

柔軟に接続ができるAPIを具備。これから導入するシステムはもちろん、今お使いのシステムとも連携が簡単にできます。

index_img_merit_02.png

さまざまな場所で
利用できる!

インストール版、クラウド版があり、工場内や外出先環境など、場所を選ばず多くのビジネスシーンで利用できます。

index_img_merit_03.png

ビジネス課題に合わせて判定パターンを選択できる!

検出型

対象を検出する

index_img_merit_04_01.png

分類型

カテゴリを選ぶ

index_img_merit_04_01.png

レベル判定型

度合いを数字で表す

index_img_merit_04_01.png

正例判定型

良品の学習から異常個所を特定

index_img_merit_04_01.png

「Deeptector」の機能

AIの専門家がいなくても、業務に適したAI導入を簡単に。

学習済みのAIを作成するまでの一連の作業をシームレスにワンストップで実現します。
例えば単純な画像の分類なら、数分で学習用画像セットの作成~学習を完了できます。

画像収集

お手持ちの画像やインターネット上の画像から学習用画像セットを作成します。学習用画像に対して正解値※1を指定する作業は、GUI操作画面で、効率よく実施できます。

※1 画像認識する際の期待する結果

学習

作成した学習用画像セットを用いて学習を実施します。学習パラメータ※2は、自動設定のほか、手動で個別に設定することもできます。学習した結果は履歴管理され、いつでも必要な学習結果を利用できます。

※2 学習の重みや更新頻度などの設定値

判定

判定画像を入力すれば、判定結果を返します。他システムからAPIによる呼び出しを行うことができます。GUI操作画面も用意しています。

index_fig_01.png

お客様の専用環境にインストールして利用する「インストール版」と、クラウドサービス上のAIを利用する「クラウド版」があります。

インストール版:画像を社外に出したくないケース、単位時間あたりの処理画像数が多いケースに適用
クラウド版:初期投資を抑えたいケース、判定対象物のある場所で撮影直後に判定したいケースに適用

学習済みモデルのポータビリティ

同一の学習済みモデルは、「インストール版」「クラウド版」の双方で利用可能です。
ハイエンドGPUを備えたクラウド版環境で作成した学習済みモデルを、ローエンドGPUを搭載したサーバーのインストール版環境で利用できます。

index_fig_02.png

トピックス

トピックス

2019年11月27日

2019年08月19日

【お知らせ】CSR活動紹介「NTTグループにできること」に「Deeptector」登場
 (弊社のYouTubeチャンネルはこちら)

2019年07月18日

2019年06月28日

2019年05月22日

2019年04月01日

【お知らせ】画像認識AI「Deeptector」―人の目に代わり 人の目を超えて―(動画)(ロングショート

2019年03月19日

【お知らせ】「ねとらぼ」に掲載

2019年03月06日

2019年01月08日

2018年09月27日

2018年09月20日

2017年11月01日

【お知らせ】商品名を「Deeptector(ディープテクター)」に変更しました。

2017年06月30日

【お知らせ】「Deep Learning 画像認識プラットフォーム(クラウド版)」を販売開始しました。

2017年03月01日

【お知らせ】「Deep Learning 画像認識プラットフォーム(インストール版)」を販売開始しました。

2017年02月28日

【お知らせ】「Deep Learning 画像認識プラットフォーム」の商品HPを公開しました。

利用イメージ

利用イメージ

index_im_voice_01.png

製品の検査をする観点に個人差があるため、検査品質にバラつきがある。

AIに検査の観点を学ばせることで人手を補い、常に一定の品質で製品の検査ができます。

index_arrow_08.png  検査対象に応じた学習を実施することで、チェックしたい観点で検査することができます。

index_img_voice_01_01.jpg

ねじ製品の検査例

index_img_voice_01_02.jpg

布製品の検査例

index_im_voice_02.png

不良品画像が集められない、新しい製品がでるたびに、学習用画像を大量に集めることができない。

少数の良品画像を学習することで、不良品を見分けることができます。

index_arrow_08.png  不良品の画像がなくても判定を行うことができます。
index_arrow_08.png  良品の画像にはタグをつける必要はありません。

index_img_voice_02.jpg

ペットボトルキャップの検査例

index_im_voice_03.png

トンネルや建物、鉄塔などインフラの劣化を調査するのは大掛かり。もっと効率的に把握して、予防保全や回復措置を行いたい。

専門家の観点を学習させることで1次点検を自動化し、フィールド点検作業にかかる稼働を削減します。
また、ドローン等と組み合わせることで、危険を伴う作業を最小限に留めるということもできます。

index_arrow_08.png  点検作業時に撮影している画像を利用して判定を行うことが可能です。
index_arrow_08.png  目視で判断していた劣化度合を数値化します。閾値を調整することで合否の境界を柔軟に設定できます。

index_img_voice_03_01.jpg

道路不具合検出例

index_img_voice_03_02.jpg

劣化度による並び替え例

index_im_voice_04.png

監視カメラ画像やインターネットのアップロード画像から特定の対象物を自動で監視・検閲したい。

日々蓄積される画像から特定の対象物が写っている画像と位置を自動検出できます。不審者の検出や不適切画像の検出などに利用できます。

index_arrow_08.png  監視カメラのような画像映像でも、フレーム分割し静止画として切り出すことで識別できます。
index_arrow_08.png  汎化能力があるため、特定の角度から撮影された画像でなくても識別できます。

index_im_voice_05.png

大量な画像の適正チェック作業が大変。
人によって、チェックする品質も異なり統一することが困難。

チェック作業を効率化し、さらにチェック品質も統一化できます。

index_arrow_08.png  24時間連続でチェックが可能なため、大量な画像を処理することができます。
index_arrow_08.png  長時間の連続作業でも、チェック品質が劣化することなく常に一定です。

ご利用までの流れ

資料ダウンロード

Deeptectorのサービス内容をさらに知りたい方、導入検討中の方向けに商品紹介資料を公開しております。
ダウンロードフォーム​

【資料の内容】
・Deep Learning(深層学習)とは?
・画像認識AI 「Deeptector」の特長
・適用事例のご紹介
・利用形態のご案内
・AIトライアルのご提案

トライアル

本格利用前に、想定される利用シーンにおける画像認識精度をトライアルにより検証いただけます。

step1

お問い合わせ

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
折り返し、当社担当者より連絡させていただきます。

> お問い合わせフォーム

STEP2

ご提案・お見積り

お問い合わせ内容に応じて提案、お見積りをさせていただきます。

STEP3

ご契約

具体的なトライアル内容を合意後、ご契約させていただきます。

STEP4

トライアル実施

事業者様にて認識させたい画像群をご用意いただきます。
当社で学習を実施後、実際に画像認識精度をご確認いただきます。

本格利用

本格利用についてはインストール版、またはクラウド版での導入をご選択いただけます。

インストール版

step1

お問い合わせ

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。 折り返し、当社担当者より連絡させていただきます。

> お問い合わせフォーム

step2

お申し込み

ご利用が決定しましたら、担当者まで申込書をご請求ください。 利用規約をご確認の上、申込書にご記入・送付いただきます。

step3

ご契約

ご契約成立後、メディアにてソフトウェアをご提供いたします。 通常、お申し込みからご提供まで1~2週間程度です。

step4

ご利用

ソフトウェアをインストールし、別途発行するライセンスキーを入力することでご利用を開始できます。
事業者様にて学習用の画像をご用意いただき学習を実施します。
学習を実施後、識別用APIを呼び出すことで画像認識ができます。

クラウド版

step1

お問い合わせ

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。 折り返し、当社担当者より連絡させていただきます。

> お問い合わせフォーム

step2

お申し込み

ご利用が決定しましたら、担当者まで申込書をご請求ください。 利用規約をご確認の上、申込書にご記入・送付いただきます。

step3

ご契約

ご契約成立後、アカウント情報をメールにてご連絡いたします。 通常、お申し込みからご連絡まで数日~1週間程度です。

step4

ご利用

Webブラウザでクラウドにログインすることでご利用を開始できます。
事業者様にて学習用の画像をご用意いただき学習を実施します。
学習を実施後、識別用APIを呼び出すことで画像認識ができます。

よくあるご質問

サービス全般について

「Deeptector」とはなんですか。

NTTコムウェア株式会社が提供する画像認識AIの商品名です。
人の「目」による判断工程を持つ各企業に対する Deep Learning ソリューションです。 人の「目」を代替することで、扱う情報の量の増加・質の高度化に伴う人手不足、有スキル者の高齢化に伴うスキル継承などの課題を解決します。 監視・検閲、保全・点検、製品検査などの現場における目視判断基準を学習することで、現場に必要な画像認識の達人へ成長します。

「Deep Learning 画像認識プラットフォーム」とはなんですか。

「Deeptector」の旧称です。2017年11月1日に商品名を「Deeptector」に変更しました。

提供形態を教えてください。

ライセンスをご購入いただき、お客様の専用環境にインストールしてご利用していただく「インストール版」と、クラウド環境にてご利用いただく「クラウド版」がございます。

インストール版はどのようなケースに利用しますか。

閉じたネットワーク内でご利用いただく場合や、画像を社外に送信できない場合などにご利用ください。
ソフトウェアを動かすためのハードウェアについては事業者様にてご用意いただきます。
ご準備いただくハードウェアの推奨スペックについては、担当者までお問合せください。

クラウド版はどのようなケースに利用しますか。

インターネットに接続可能な環境でご利用いただける場合や、サーバ管理をアウトソーシングしたい場合などにご利用ください。 インターネット環境に接続するためのネットワークについては事業者様にてご用意いただきます。
なお、インターネット通信は暗号化されます。

自社のシステムと連動はできますか。

他のアプリケーションと接続するためにAPIを提供しています。API経由でシステムと連動することができます。
連携するシステムの開発・構築などにお困りの際は、個別にご提案いたしますので、こちらよりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

契約について

利用したいのですが、どこに申し込めばよいですか?

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。折り返し、担当者よりご連絡させていただきます。
お申し込みにあたっては、利用規約をご確認の上、申込書にご記入・ご送付いただきます。

利用するにはどのような料金がかかりますか?

インストール版の場合、お申込のサービスメニュー、オプションメニュー、ライセンス数に応じて、年額のライセンス利用料が設定されます。 なお、年額利用料は月割り計算いたしません。
クラウド版の場合、お申込のサービスメニュー、オプションメニュー、ライセンス数に応じて、初期費用および月額利用料が設定されます。 なお、月額利用料は暦月単位で発生します。また、月額利用料は日割り計算いたしません。
詳細はお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

基本料金には何が含まれますか?

基本料金には、以下が含まれております。
●「Deeptector」基本機能の提供
●サポートサービス(メールによる技術問合せ、障害問合せ、FAQ提供など)

基本料金に含まれるサポートサービスはどのような内容ですか?

以下の内容をご提供いたします。
●本サービスの更新版の提供
●サポートサイトまたはメールによる情報提供、障害問合せ、技術的問い合わせ

機能について

どのような機能がありますか?

主に以下のような機能があります。
画像収集 お手持ちの画像またはインターネット上から「学習画像セット」を作成します。
学習 学習用画像と正解データから画像認識する観点を学習します。
認識 学習した観点に基づき任意の画像に対して画像認識します。

インストール版の場合の動作環境を教えてください。

以下の通りとなっております。
【NVIDIA GPUアークテクチャ】
以下のアーキテクチャの製品に対応しています。
●Maxwell世代
●Pascal世代
    ※ビデオメモリは4GB以上必要です。

【動作確認済製品】
動作確認済みのGPU製品は以下の通りです。
●NVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)/1080
●NVIDIA TESLA P4/P100

【NVIDIAドライバ】
以下のバージョンで動作確認済みです。
●NVIDIA driver 384.130
●NVIDIA driver 396.44
●NVIDIA driver 396.45
    ※ご使用のGPU に対応するドライババージョンがインストールされている必要があります。
    ※本プログラムはユーザ環境にインストールされたCUDA バージョンには依存しません。

【CPU/メモリ】
以下の環境で動作確認済みです。
●CPU 64bit(x64)
●メモリ 16GB

【OS】
以下のバージョンで動作確認済みです。
●Ubuntu 16.04.5 LTS (Xenial Xerus) 64bit版
●Red Hat Enterprise Linux Server release 7.5 (Maipo) 64bit版

パートナー募集

ビジネスパートナーの募集

私達と共にイノベーションを起こしませんか。

「Deeptector」のビジネスパートナーを広く募集します。
監視・検閲(Monitoring)、保全・点検(Maintenance)、製品検査(Manufacturing)領域における、 パートナー企業様の業界ソリューション力や販売力と連携させて頂くことで、エンドユーザ様のビジネスに広くAIをご活用頂くことを目指します。
ビジネスパートナーとして「ソリューションパートナー」および「販売パートナー」を募集します。
是非、お問い合わせください。ご連絡をお待ちしております。

ソリューションパートナー

「Deeptector」とのソリューション連携によって、新たな価値を生み出したいと考えています。
パートナー企業様のサービス高機能化や、ソリューションの結合による新たな価値の創造などが期待できます。
エンドユーザ様が必要とするソリューション提供のために協業いただけるソリューションパートナーを募集します。

販売パートナー

「Deeptector」の活用が期待できる、監視・検閲、保全・点検、製品検査領域に対する販売チャネルをお持ちの販売パートナーを募集します

      ​​​​お問い合わせフォーム

NTTコムウェアの信頼性・技術力

NTTコムウェアは、NTTグループの一員として日本の通信技術の発展と変革を支えてきました。
その経験とノウハウを継承する多くの社員が一丸となって、お客様のビジネスの発展と変革を最新の技術でサポートします。

      各種認証

お問い合わせ

パンフレットをみる

ダウンロード

商品紹介資料をみる

ダウンロード

この商品のお問い合わせは

お問い合わせ
 
※「Deeptector」はNTTコムウェア株式会社の登録商標です。
※「SmartCloud(スマートクラウド)」、「SmartCloud」ロゴは、NTTコムウェア株式会社の登録商標です。
※商品およびサービスの内容は、予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※NVIDIA、Kepler、Maxwell、GeForce GTXは、NVIDIA Corporation の商標またはその登録商標です。
※Ubuntu は Canonical Limited の登録商標です。
※その他、記載されている社名、商品名などは、各社の商標または登録商標である場合があります。